最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

福祉施設でのボランティア活動

  1. 福祉施設でのボランティア活動|
  2. 仕事|
災害に見舞われた地域の復興活動などで、ボランティアの存在が大きくニュースなどでとりあげられたこともありました。
ボランティアと聞くと慈善活動と捉えられるのが一般的でしょうが、実際参加している人に聞くと、そのボランティア観はそればかりではないようです。
ボランティアの存在は老人福祉施設、障害者福祉施設などの福祉の現場でも大変重要な役割となっています


例えば障害者更生施設での活動についていうと、施設利用者の散歩の付き添いや作業活動の補助、移乗介助の補助などがあります。
また、ボランティアの専門性を生かし、音楽療法士の資格を持っている人が音楽活動の中心を担ったり、手芸や絵画を趣味とする人が講師として活躍しているところもあります。
ボランティアの年齢層も、福祉系の学校に通う高校生や大学生から、定年後の空いた時間を使って行なっている年配の人まで、幅広くなっています。

情報処理技術者試験のメリット

  1. 情報処理技術者試験のメリット|
  2. 資格|
情報処理技術者試験は、情報システム開発に関する4部門の資格試験と、職場のパソコンリーダー養成のための初級シスアドという試験とに分かれています。
基本情報技術者、初級シスアドだけは全試験マークシート方式ですが、それ以外の上級資格は筆記や論文などがあり、きわめて難易度が高いものになっています。

情報処理技術者試験のメリット
は、経済産業省の登録制度である「SI登録」、「SO認定」などで、情報処理技術者試験の合格者数が企業の評価に影響する場合があるという点にあります。これら登録制度は、政府や地方自治体の事業における入札の際の、参加資格の重要な参考項目にもなっています。

国家試験の情報処理技術者試験

  1. 国家試験の情報処理技術者試験|
  2. 資格|
情報処理技術者試験とは、独立行政法人である情報処理推進機構が、春と秋の年2回行っている国家試験です。
情報システムを構築、運用する技術者から情報システムを利用するエンドユーザまで、情報処理に関わるすべての人の知識・技能の水準を図るために実施されています。

情報処理技術者は、この試験を目標とし、その後の就職や地位向上に役立てることができます。
というのも、この試験は技術者の質的向上を図るとともに、社会的に情報処理技術の水準を示すことを目的にしているからです。
国家資格としての長い歴史のなかで、教育から評価までのシステムの社会的認知度は非常に高いものになっています。

資格取得の効果的な勉強法

  1. 資格取得の効果的な勉強法|
  2. 資格|
資格取得の勉強法とコツには、スケジューリングが大切なことですね。
ちなみに、やり直しが利くようにしなくてはならないのは、いつ何がおこるか分からないからです。体調を崩して勉強ができない日もあるかもしれません。そういうときに焦る事がないようにしておく必要があります。

効果的な勉強法
として、ノートに自分が分かりやすいようにまとめる方法をお勧めします。
これは、暗記系の資格取得の勉強法のコツでもありますが、ひとつひとつバラじゃなくて、関連性のあるものはセットで覚えるように心がけると比較的楽です。

あとは、過去問を解きまくります。
スケジュールを立てるときに、過去問を解く期間を1週間くらい取りましょう。過去問は何度解いても無駄なことはありません。過去問を徹底して解いていくことでかなりの効果が期待できます。

資格取得の勉強法とコツ

  1. 資格取得の勉強法とコツ|
  2. 資格|
資格取得の勉強法とコツについて、少し調べてみましたので書いてみようと思います。

資格取得の勉強法とコツなどほんとうにあるものか疑問でしたが、やはり探してみると資格取得の勉強法とコツはあります。
資格を取得しようとする際には、この勉強法のコツを押さえれば、勉強が、もしかしたら楽になるかもしれません。

まず、資格取得の勉強法の最初の一歩ですが、試験範囲全体を上から見るような感じで、見渡してみます。
そして、試験範囲がどのくらいの量なのか、今からだとどのようにスケジュールを組めば資格試験当日までに間に合うのか、そういったことの計画を立てます。

それが終わったら、実際にスケジュール表を作ります。
無理のないように、いつでもやり直しが利くように、でも、細かいところまで計画を立てます。大雑把なスケジュールだと自分に甘えが出てしまい、ズルズルと計画が延びていってしまう可能性があります。
資格取得の勉強法とコツの、一番肝の部分はここかもしれません。

前のページ 次のページ