最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

通訳案内業の国家資格

  1. 通訳案内業の国家資格|
  2. 資格|
語学力を生かした仕事にはいろいろありますが、国家資格として、通訳案内業という資格もあります。

自分の語学力に、自信がどれくらいありますか?
多くの人は義務教育中に英検を受けたことがあると思いますが、おそらく普通に企業に就職した人や主婦業をしている人には、その程度の英語力で十分困らないと思います。

しかし外語大学を卒業したり海外留学の経験があるなどで、自分の語学力を生かして就職したい、と考えている人も少なくないでしょう。

通訳案内業といいますと、日本を訪れた外国人に日本での旅行を楽しんでもらえるよう、外国語で案内をします。

通訳の国家試験は、1次、2次試験があり、語学力だけでなく、日本の地理や歴史、政治、経済、産業から文化に至るまで、一般知識ではありますがとても広い範囲から出題されます。

看護学校の面接対策

  1. 看護学校の面接対策|
  2. 資格|
現在では就職難という時代が継続しています。
しかし、国家資格を取得した人は、比較的就職先を見つけることができると思います。
一度資格を取得すれば、一生武器になると思えば、とても魅力的だと思います。
就職試験を何度も経験するよりも、国家資格について勉強するほうが近道なのかもしれません。

今回は看護学校の面接対策について、見ていきましょう。
最近ではよくニュースなどで医療問題などが取り上げられているように、人手が足りずに問題を起こしてしまう傾向にあります。

看護師になるにはまず、看護学校に合格しなければならないですね。
しかし看護学校に合格することは、たやすくできることではありません。
実際に筆記試験と面接試験があります。

筆記試験を突破しても、面接試験で苦戦している人が結構いると思います。
なぜ、苦戦しているかというと、やはり時間をかけて自分を見つめていないからでしょう。
自分について、時間をかけてしっかり分析し、自己評価をしなければなりません。

もちろん、自己評価を踏まえた上での自己PRは、大切になると思います。
面接対策を頑張ってすれば、他の就職試験にも利用できるので、価値は充分あると思います。

就職・転職面接試験に役立つ英検

  1. 就職・転職面接試験に役立つ英検|
  2. 仕事|
英語能力については、昔は職種によって必要とされる仕事は決まっていましたが、現在はどのような職種であっても、英語能力は最低限必要とされています。

最近は、転職が日常化され多くの方が資格を取得する時代です。
新卒採用の方も同じですが、やはり資格はあるにこしたことがありません。

ここでは英検の面接対策をご紹介いたします。
これはあらゆる就職・転職試験の面接対策にも役立つと思います。

就職・転職試験に有利に働くのは、やはり準1級以上がいいのではないでしょうか。
英検の面接は当然、英語の実力で合否が決定されます。
マナーなどは、よほどひどくない限り、それほど関係しないでしょう。
合格率は70%程度なので準1級の面接は、余裕を持って受けるようにしたほうがいいと思います。

ここで一番致命傷となることがあります。
それは黙り込んでしまうことです。
わからないことがあれば、しっかり英語で質問しましょう。
また、しゃべりすぎるとボロがでてしまうので、それらもきちんと考えながら事前に、面接の想定練習をしておきましょう。

看護師の転職や再就職

  1. 看護師の転職や再就職|
  2. 仕事|
看護師として転職や就職を考えている人、あるいはブランクのある人の再就職とか、就職・転職サポートを利用することが多くなっています。
インターネットでは看護師専門の求人サイトがあり、非公開の求人情報も多く掲載していますね。
条件をよくしたいと考えているのであれば、求人サイトを利用することもいいのです。

求人サイトでは、看護師としての仕事のレベルが違うことから、看護師になりたての人と、ベテランを分けています。
また、正規職員ではなく派遣やパートという形態の、雇用も多くなっています。
看護師の需要は、いつの時代でも少なくなることはありません。
それでも雇用条件は、あまり改善されていないのが現実です。

なかには家庭の都合とか、出産や結婚などで、どうしても仕事を辞めなければならなかった人もいるでしょう。
看護師のブランクと再就職も、条件さえ整えば再就職の道も開けます。
復職のために、さきほどの求人情報を検索してください。
希望する雇用条件にマッチするところがあれば、すぐにでも問い合わせてみましょう。

募集の需要は高いとしても、好条件のチャンスはそれほど多くないからです。
インターネットでの求人サポートを賢く活用することが大切です。
情報をたくさん入手して検討するとよいでしょう。

将来福祉の仕事に就きたい人には

  1. 将来福祉の仕事に就きたい人には|
  2. 仕事|
障害者更生施設での活動が広い範囲で行なわれる分だけ、必要とされるボランティアの年齢や特技なども幅が広くなるのです。
施設での利用者に対するサービス提供は、ボランティアの存在なくしては考えられないものになっています。

ボランティアの仕事と言っても、一部の有償ボランティアというものを除いて、ほとんどが無償になります。

ホームページで調べたり、施設に直接連絡をとって、どんな活動でのボランティアを募集しているのか、交通費や食費等、自己負担がかかるのか、などを確認するとよいでしょう。

また、将来福祉の仕事に就きたいと考えている学生の人は、在学中の時間がとれる時に、積極的にボランティア活動に参加し、施設で働く職員の動きを見て、仕事の内容や雰囲気をつかんでおくとよいでしょう。

前のページ 次のページ